「登校拒否を考える会」で、かねてからの話題であった「祖父母と不登校」というテーマでシンポジウムを持った。

 さすがに、祖父母という立場でシンポジストを引き受けてくださる方はいらっしゃらず、話し手は母親、父親の立場の4名に依頼した。祖父母がいてくれて助かったが、不登校への理解は微妙だった人、黙って受けいれてくれていた人、学歴は絶対的に大事だと主張していた人、いろいろな話が出た。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。