不登校新聞

289号(2010.5.1)

かがり火

2013年11月19日 12:41 by nakajima_


 「登校拒否を考える会」で、かねてからの話題であった「祖父母と不登校」というテーマでシンポジウムを持った。

 さすがに、祖父母という立場でシンポジストを引き受けてくださる方はいらっしゃらず、話し手は母親、父親の立場の4名に依頼した。祖父母がいてくれて助かったが、不登校への理解は微妙だった人、黙って受けいれてくれていた人、学歴は絶対的に大事だと主張していた人、いろいろな話が出た。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...