不登校新聞

289号(2010.5.1)

メモ「永山則夫」

2013年11月19日 12:56 by nakajima_


 1949年、北海道生まれ。68年10月~11月にかけて、当時19歳だった永山則夫少年は4名を射殺した。使用したピストルは横須賀のアメリカ海軍基地から盗んだもの。永山は未成年であったが、指名手配され当初から実名報道がなされてきた。事件から約5カ月後の69年4月7日、東京で逮捕。79年に東京地方裁判所で死刑判決。81年に東京高等裁判所で無期懲役に一旦は減刑。しかし、検察が上告し、90年に最高裁判所で死刑判決が確定した。この判決では、死刑を宣告する基準(永山基準)が示されたことから、いまも影響力を残している。一方、逮捕後から獄中で創作活動を続けた小説家でもあった。83年、小説『木橋』で第19回新日本文学賞を受賞。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...