不登校新聞

289号(2010.5.1)

東京シューレ・元アシスタントスタッフ 佐藤良江さんに聞く

2013年12月20日 17:28 by nakajima_


◎佐藤良枝さんが運営するゲストハウス「コドコド」

今回、子ども・若者編集部企画は、束京シューレで7年間、アシスタントスタッフをしてきた佐藤良江さんにお話をうかがってきました。佐藤さんには、フリースクールに関わるようになったきっかけなどをうかがった。

――なぜ不登校について関心を持ったのですか?
 私は不登校の当事者じゃないし、子どもも2カ月ぐらい不登校をしてましたが、本格的な不登校の親でもないんです。私の妹が、25歳のときに白血病になって30歳で亡くなったこと、これが、いま考えるときっかけだったなと思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...