不登校新聞

289号(2010.5.1)

わが家の場合「ブルースカイとともに」

2013年12月12日 11:50 by nakajima_


 「お母さん、なんで私が進学した年がこんなに寒いんだろうね」「そうだね~、4月も半ばだっていうのに、長野じゃ今朝、雪が降ったもんね」「えぇっ、ほんとに?」。

 わが家ではこの春、県外の大学へ進学した長女と、毎日こんなメールのやりとりをしています。けれど、7年前にはこんな日が来るとは想像もしていませんでした。

 長女が小6、次女が小4で不登校になり、中学校は入学式は出たものの、最後までクラスに入って授業を受けることはありませんでした。それでも、夕方から塾に行ったり、そのまま夜学(中学校で不登校の生徒に、大学生がボランティアで勉強を教えてくれる)へ行ったり、また週に一度、私が近所の不登校の子どもたちを誘って中間教室という場所へも行っていました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...