不登校新聞

592号 2022/12/15

親だって休んでいい 子どもを支えるために必要な「がんばらない」時間

2022年12月14日 16:21 by kito-shin
2022年12月14日 16:21 by kito-shin

 子どもの不登校は親にとってもつらいもの。「なぜうちの子が」、「どう支えればいいの?」と悩みは尽きません。そんなとき、「親だって休んでいい。ひとりの時間をつくってください」と、不登校支援にたずさわる土橋優平さんは言います。親が休むことが、子どもを支えることに直結するのだ、と言う土橋さんに執筆いただきました。(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第4回)※写真は土橋優平さん

* * *

子どもたちが学校へ行かなくなると、「なぜうちの子が不登校に……」、「どうすれば行くようになるの」、「私が仕事を休んでいっしょに居てあげたほうがいいのかな」など、親としては悩みが尽きません。ときに自分を責めてしまったり、これまでの子育てを後悔してしまったりといったこともあります。私たちの相談窓口では、「まずは親御さん自身のための時間をつくってください」と伝えています。

 お子さんが不登校になってからのことを思い出してみてください。朝は子どもが起きるかどうかが気になり、学校へ行かないと家でのすごし方が気になり、会話をすると元気がなさそうな印象で心配になり、夜はご飯をいっしょに食べない、寝るのが遅くなっている。そんなことがくり返される毎日で、お子さんのことで頭のなかがいっぱいではないでしょうか。それも考えていることのほとんどが、不安、心配につながっていませんか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校を頭でなく心で理解してほしい」専門家が架空の家庭の話を通して伝えたいこと【全文公開】

626号 2024/5/15

「不登校の子が心の扉を閉ざす理由は」フリースクール代表が語る子どもの感情の寄り添い方

625号 2024/5/1

「フリースクール選びのコツは?」フリースクール代表者が語るフリースクール選びでもっとも大切にすべきこと

624号 2024/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…