不登校新聞

289号(2010.5.1)

カメラ講座を開きました!!

2013年11月19日 14:27 by nakajima_


 4月の子ども若者編集会議終了後、編集部で初めて外部講師をお呼びしたワークショップを行ないました。テーマはカメラ。プロカメラマンに来ていただき、基礎知識や正しい撮影方法など教えていただきました。

 インタビューでも、工場見学でも、取材をするうえで欠かせないのが写真。写真のできしだいで、記事全体がおもしろくも、また平凡にもなってしまうからだ。子ども若者編集部の活動は『Fonte』の創刊時より続いているが、カメラについては、みな、見よう見まねでやってきた。ときには「うわ、手ぶれしてる」「しまった、逆光だった」などなど、いざ新聞をつくろうとしたときに青ざめた経験も一度や二度のことではない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...