不登校新聞

289号(2010.5.1)

カメラ講座を開きました!!

2013年11月19日 14:27 by nakajima_


 4月の子ども若者編集会議終了後、編集部で初めて外部講師をお呼びしたワークショップを行ないました。テーマはカメラ。プロカメラマンに来ていただき、基礎知識や正しい撮影方法など教えていただきました。

 インタビューでも、工場見学でも、取材をするうえで欠かせないのが写真。写真のできしだいで、記事全体がおもしろくも、また平凡にもなってしまうからだ。子ども若者編集部の活動は『Fonte』の創刊時より続いているが、カメラについては、みな、見よう見まねでやってきた。ときには「うわ、手ぶれしてる」「しまった、逆光だった」などなど、いざ新聞をつくろうとしたときに青ざめた経験も一度や二度のことではない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...