不登校新聞

289号(2010.5.1)

市民活動 多様な学びを

2013年11月19日 14:44 by nakajima_


「市民活動2010」では、NPOなど、市民側の動きを追っていく。今回は今年1月に発足した「多様な教育を推進するためのネットワーク」を紹介する。代表の古山明男さんに発足した経緯など執筆していただいた。

 日本の教育がこのように画一的なままではいけない、もっと子ども一人ひとりの学びを尊重した教育が生まれてこないといけない。そう考える者たちが集まり、2010年1月に「多様な教育を推進するためのネットワーク」を設立した。通称は「おるたネット」であるが、これは"オルタナティブ教育”から三文字をもらったものである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...