不登校新聞

289号(2010.5.1)

不登校の歴史 第289回

2013年11月19日 14:46 by nakajima_


 2000年を越えるころから、「ひきこもり」が社会の注目を集めるようになった。ひきこもりは、以前は「閉じこもり」といった。90年代に入って、「ひきこもり」と言われるようになるが、日本社会では、いつの時代でも存在した。

 不登校を否定的にみる日本社会では、ひけめや自責感、恐怖感などから閉じこもっていた子が多かったが、居場所ができたり、受容され、「元気な登校拒否」と言われる子が増えるにつれ、「ひきこもり」という言葉が拡がっていったと感じる。「閉じてこもる」のと「ひいてこもる」のは、前者のほうがやや主体性を感じ、後者は、世間の「こうあるべき」というものさしがやや視点になっているように感じる。なお、登校拒否からひきこもったり、登社拒否、主婦や大学生のひきこもりもあったりした。なので、「不登校だとひきこもりになる」とは決まっていないのに、そういうイメージが社会にできていった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...