不登校新聞

593号 2023/1/1

迷いはまだまだあるけれど、今を楽しんで生きていこう 不登校の母の決意

2022年12月21日 16:04 by kito-shin
2022年12月21日 16:04 by kito-shin

 「まだ子育ての迷いは消えない。それでも楽しんで今を生きていこう」。不登校の息子と12年、いっしょに歩いてきた後藤誠子さん。その物語が完結します。問題は解決していない。けれど、問題があっても、幸せに生きていける。後藤さんが最後に伝えたいこととは。(連載「不登校は幸せへの道」最終回)※※写真は後藤誠子さん(左)と息子さん

* * *

 約2年にわたり書いてきた私たち親子の物語を無事に終わらせることができた。読者の皆さまには本当に感謝している。しかし、やり切った感が湧いてこないのはなぜだろう。つい先日のことだ。次男がふとした拍子に言った。「先のことなんかまったく考えられないよ」。その言葉に私はとてもショックを受けてしまった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

息子の不登校から12年「私はいま幸せです」と母が断言できる理由【全文公開】

592号 2022/12/15

不登校・ひきこもりを経て28歳になった息子 母を驚かせたある行動

591号 2022/12/1

「身内だからこそ許せない」 最悪の兄弟関係に終止符を打った兄の一言

590号 2022/11/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

599号 2023/4/1

現在小学3年生の息子を持つ母親・カナコさんは、息子が元気になったサインを待ち続…

598号 2023/3/15

毎日の出席連絡や学校からの配布物など、不登校中の悩みの種になる学校対応。元公立…

597号 2023/3/1

「うちは学校をやめます」。小1の娘が不登校したとき、母親の天棚シノコさんは夫と…