不登校新聞

594号 2023/1/15

今、「不登校」を考えるために必要な言葉とは

2023年01月11日 16:19 by kito-shin
2023年01月11日 16:19 by kito-shin

 今、不登校について考えるために、どんな言葉が必要なのだろうか。どんな「問い」が必要なのだろうか。かつてと今とでは、不登校についての語りにどんな違いがあるのだろうか。今不登校について考えるために必要な言葉を、読者とともに探していきたい、と語る『不登校新聞』編集長によるコラムです。(連載「今『不登校』を問うために」第1回)※写真は本紙編集長・茂手木涼岳

* * *

 かつて、不登校を考えることは、「社会と自分を問う」ということだった。社会に対しては既存の教育の問題点を指摘し、別のかたちの教育を模索するという問いを、自分自身に対しては「なぜ自分はこうなったのだろう。不登校からどのように生きていけばいいのだろうか」という問いを投げかけることだった。

 しかし現在はどうだろうか。通信制高校が不登校の受け皿となり、教育機会確保法によって不登校が社会のなかにポジショニングされたことで、不登校は「個人の生き方の問題」となった。不登校が「ひとつの選択肢」とされた社会では、個々の学校の不適切対応は批判されても、社会そのものを問う視点は弱まっていく。

 また、自分自身を問うという点にも変化を感じる。ここ数年で私が出会ってきた不登校経験者は、「不登校を経験したからこそ、今不登校で苦しんでいる人の役に立ちたい」、「自分の不登校経験を活かしたい」と口々に言う。まるでそうすることのみが、不登校という経験を「浄化」する唯一の道であるかのように。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校で入院させられた 解決策が「治療」だった80年代の不登校とは

596号 2023/2/15

私は不登校教員になった 6年目で高校を辞めた元教員が不登校の子どもからの問いを受けとめ続けた40年

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…