不登校新聞

594号 2023/1/15

不登校からの進学 わが子と話をする際に大事な5つのテクニック

2023年01月11日 16:20 by kito-shin
2023年01月11日 16:20 by kito-shin

 不登校の子どもは進学の話を拒みがち。新しい学校で心機一転を図りたい気持ちがある一方で、進学に向けて自信を失っていたり、不安があったり。そんな子どもの気持ちがわからず、親は焦ってしまいます。そんなときに学校から「進学の話は」と言われたら、もうたいへん。進路を迫ってしまい、子どもとの溝が深まることも。一方で、フリースクールでは毎年、子どもがスタッフと個別に進路の話をします。どうやって子どもの本音を引き出すのか。子どもに無理のない進路をどう決めていくのか。フリースクール「クレイン・ハーバー」代表・中村尊さんに、不登校の子と進路の話をする技術をうかがいます。

* * *

 「話をする」という場合、「話したいことがあるとき」と「相手の思いを聞きたいとき」の二種類があります。子どもと進学の話をする場合は、おもに後者でしょう。しかし、子どもの思いを聞くつもりが、つい「自分の思いを伝えたい」になることもすくなくありません。すると、子どもは「聞かされている」と感じ、こちらの思いは伝わりません。もっと言えば「お説教が始まったよ」とさえ受け取ることもあります。

 自分の思いを話すときは、「聞かされている」と相手が受け取らないように話すことが必要です。そして、「言わせよう」と相手を誘導しないことも大事です。理由は、誘導すると心を閉じてしまうからです。たとえば「学校は行くの?」「いつから行くの?」と聞いたら、これは誘導です。押し問答になるのが嫌で、子どもは「明日から行く」と言うかもしれません。でも、本心とはちがいます。その結果、明日になっても学校へ行かないということになります。また、相手の思いを聞き出そうとするのもNGです。事情聴取をされているように感じたら、言いたくなくなるのも無理はありません。

子どもは本心をなぜ言わない?

 「進学について本人の考えがわからない」、そう困っている親御さんも多いと思います。子どもが自分の考えを言わないのは、親が望む進路を察しているため、という場合も多いです。それが自分の考えとちがうと、なかなか言い出せません。

 進路についての考えは、親子で一致しないことが多いのですが、その場合、本人の意思と思いを尊重するのが大事です。そして、子どもの思いを実現するために、親もいっしょに考えること。これは今後にも大きく影響します。

 たとえば「高校へ行きたくない」と言われたら、親としては受けいれがたいかもしれません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

もっとするっと不登校になればいい 不登校の専門家が考える4つの理由

590号 2022/11/15

不登校の子どもの心が元気になるために 親の対応で最も大切なこと

583号 2022/8/1

不登校は、ときに必要です。精神科医が語る子どもの今

572号 2022/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…