不登校新聞

595号 2023/2/1

不登校・ひきこもりイベント情報

2023年01月25日 17:22 by kito-shin
2023年01月25日 17:22 by kito-shin

 2023年2月25日(土)、神奈川県横浜市のかけはし都筑にて、講演会「不登校・ひきこもりの理解と対応を学ぶ」が開催される。主催団体は「不登校の子どもを持つ親の会 ホープ&ライフ」。不登校の子どもを持つ親がたがいに励まし合い、情報を交換し合える場として、2016年から活動している。

 今回の講演会は「高校生や青年期の不登校・ひきこもりを学ぶことで、親の不安を軽くしたい」という思いから開催。講師は高校2年生で不登校、20代半ばでひきこもりを経験した、林恭子さん。講演では、林さんの経験談、そして青年期の不登校・ひきこもりをどう理解し、どのように対応したらよいのか、周囲のサポートのしかたについても語られる。講演後には、林さんに直接質問できる機会も設けられている。

 主催団体代表の中村昌代さんは「不登校が長引いている場合や高校・大学など青年期からの不登校の場合、どうしたらよいかわからず親御さんの不安は大きくなってしまうと思います。ご関心のある方はどなたでも、お気軽にご参加いただければ」と語る。詳細は下記を参照のうえ、お問い合わせを。

日 時 2月25日(土)14:00~
会 場 かけはし都筑 1階多目的研修室(神奈川県)
参加費  500円
登壇者 林恭子さん(ひきこもりUX会議代表理事)
主 催 不登校の子どもを持つ親の会 ホープ&ライフ
申 込 こちら

その他イベント

■「学校」で苦しむ子どもたちが安心できる学校づくり、社会づくり
日 時 2023年2月5日 14時~16時
会 場 ハイブリッド開催(オフライン&オンライン)
参加費 800~2500円
定 員 20名
登壇者 山田ルイ53世(芸人・髭男爵)
    石井志昂(『不登校新聞』代表)
    林千恵子(『すきまから見る』著者、教育支援センター職員)
申 込 https://www.toyokan.co.jp/products/2-5sukima-talkevents?variant=44174102921449

関連記事

長崎県にて「不登校親の会たんぽぽ35周年記念講演会『学校って?』」開催へ

621号 2024/3/1

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

621号 2024/3/1

3月8日開催オンラインイベント「新しい進路で揺れる不登校の子どもへの支え方」

621号 2024/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…