不登校新聞

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

2023年01月25日 15:53 by kito-shin
2023年01月25日 15:53 by kito-shin

「この人に会えたら、僕は変われるかもしれない」。7年のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜さんは、自身が『不登校新聞』で企画した植松電機社長・植松努さんの取材(本紙570号掲載)が忘れられないと言う。取材を終えて、「自信のない自分を認められるようになった」と語る瀧本さんに、取材の過程をふり返っていただいた(※写真は瀧本裕喜さん)。

* * *

 『不登校新聞』の「子ども若者編集部」には、雑談や交流がベースの「編集会議」とは別に、企画や記事を本気(ガチ)でつくっていく場として「ガチ会議」がある。

 ガチ会議では、自分が考えた企画や書いた原稿を参加者たちで読み合わせて、フィードバックをし合い、企画・記事の完成度を高めていく。今回は、そんなガチ会議に僕が参加して、あるインタビュー企画を立ち上げた、いきさつについて書こうと思う。

 最初は、インタビューしたい人がいても、どのように企画書にまとめたらよいのかわからなかった。まず読者が読みたい企画で考えてみた。きっと読者はこんなことを知りたいのではないか。あんなことを知りたいのではないか。いろいろと仮説を立ててみる。しかしそうやって考えた企画は、自分の思いに根差した企画ではないから、どこかしっくりこなかった。そもそも僕が取材をする必要があるのだろうか。そんなことを考えるようになった。転機となったのは、「自分が救われるために企画書を書いてください」という編集者の一言だった。

 はっとした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「いっしょにごはん食べないか?」高校3年間の不登校が終わるきっかけは父からのメールだった

596号 2023/2/15

「避難者であることを隠して生きよう」原発いじめに苦しんだ小学生の決断【全文公開】

596号 2023/2/15

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…