不登校新聞

595号 2023/2/1

「信じて待つ」が難しい 経験者と専門家の語りから考える不登校の親の理想的な「待ち方」

2023年01月24日 17:32 by kito-shin
2023年01月24日 17:32 by kito-shin

「子どもを信じて待つ」と言われても、どうやって、いつまで待てばよいの? そんな悩みを抱えている不登校の子を持つ親に、「待つ」ことの具体例やポイントとコツ、またやってはいけないNGについて、本紙記者のコラムです。

* * *

 不登校の親向けのアドバイスとして「子どもを信じて待つ」ということがよく言われます。しかし、どうやって待てばよいのか、いつまで待てばよいのか、と悩まれる方はすくなくありません。そもそも、親の「待つ」という行為は、子どもの目にはどう映るのでしょうか。年度末が近づく今、あわただしくなる周囲の動きに親が翻弄されないために、不登校経験者や専門家の語りを軸に「待つ」ということについて考えます。

どうやって待てばいい?

 Aさんが不登校をしたのは小学2年生のとき。Aさんの親は登校を促すなど、急かすようなことはしませんでした。一見すると、Aさんの親は「待つ」ことができているように見えますが、「まったく待てていなかった」とAさんは言います。なぜなら、Aさんが「学校へ行く」と言えば喜び、朝になって「やっぱり行けない」となればガッカリした親の姿を見たからです。「待つとは、子どもが親の望み通りになるのを待つことではない」と、Aさんは言います。

 そんなAさんが「これが待つということかもしれない」と感じたときがありました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「このままでは卒業できません」学校からの通知に慌てる前に知っておきたいこと

596号 2023/2/15

わが子の卒業式に今悩んでいる親へ 親が大事にすべきことが1つあります

594号 2023/1/15

「死にたい」と子どもに言われたとき 親がしてはいけないこと

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…