不登校新聞

595号 2023/2/1

「つぎに生まれるなら虫がいい」学校に苦しむ子どもの本音に触れる一冊

2023年01月25日 10:52 by kito-shin
2023年01月25日 10:52 by kito-shin

 教育相談員として、教育支援センターに20年以上勤務する林千恵子さん。これまで800人以上の不登校の子どもたちと向き合ってきた林さんが、彼らが書いた作文とともに、不登校の思い込みをほぐすことの大切さを語った1冊を紹介します。

* * *

 今回ご紹介する1冊は、林千恵子さんの新刊です。林さんは教育相談員として教育支援センターで20年以上勤務されており、その間に出会った不登校の子ども・保護者・教員などはそれぞれのべ800人に及びます。本書では、自身について、「不登校支援のひよっこだった」と語る時期に生徒からかけられた一言でショックを受けたことなど、教育支援センターに通っている子どもとの日々のやりとりが克明に書かれています。

 なかでも、私が本書の核の部分と感じたのは、子どもたちが書いた作文です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

親がするべきは「子どもを信じること」と断言する医師が解説する育児の具体的な方法

596号 2023/2/15

子どものSOSをどうキャッチすればよいか【書籍紹介】

594号 2023/1/15

不登校その後の学びの場を網羅 学校以外の選択肢がわかる1冊

592号 2022/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…