不登校新聞

596号 2023/2/15

不登校で入院させられた 解決策が「治療」だった80年代の不登校とは

2023年02月08日 10:03 by kito-shin
2023年02月08日 10:03 by kito-shin

 70年代から80年代にかけて、不登校の解決策は「治療」でした。そうした国や行政への批判から、オルタナティブスクールやフリースクールが設立されていきます。「不登校という問題」に長くかかわった中島浩籌(ひろかず)さんに当時を解説していただきました。(連載「今『不登校』を問うために」第3回)※写真は中島浩籌さん

* * *

 前回でも書きましたように、私はここ40年間、多くの「不登校」経験者と出会い、話し合ってきました。そこで感じたのは、いくつかの問いの絡み合いのなかで悩んでいる人が多いということです。「競争をあおる学校教育ってなんだろう?」、「男らしさ、女らしさを押しつける学校の人間関係って何?」などといった学校教育や社会・人間関係への問いと、「どうして自分だけが学校になじめないの?」といった自分自身への問いが重なりあい、考えこんでいるのです。

 こういった問いに正解はありません。だからこそ悩んでしまうのです。 70年代後半から80年代においては、解決策として「治療」がとられていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

現在の「不登校」対策にひそむ3つの問題点

603号 2023/6/1

「子どもを救おう」はなぜダメか 「斜めの関係」が意味するもの

602号 2023/5/15

不登校のきっかけが不幸な出来事とはかぎらない

601号 2023/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…