不登校新聞

597号 2023/3/1

社会や学校そのものを問わない現在の不登校支援

2023年03月08日 16:56 by kito-shin
2023年03月08日 16:56 by kito-shin

 学校や社会に適応する力を養う、という現在の不登校支援の問題点は、学校や社会そのものを問う視点がないことだ――。「不登校という問題」に長くかかわった中島浩籌(ひろかず)さんは言います。不登校という問いの歴史について、解説していただきました。(連載「今『不登校』を問うために」第4回)※写真は中島浩籌さん

* * *

 前回は1980年代の不登校をめぐる「問い」のあり方について考えてきました。今回は現在について書きます。今は「不登校」を「心の病」として捉える見方はほとんどありません。文科省も休むことは大事であるし、自分を考え直す機会であると肯定的に述べています。また通信制高校など、「不登校」経験者の進路なども整いつつあります。しかし他方で、「不登校」は社会的自立へのリスクが高いマイナスな状態であるという見方も依然として強いのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

現在の「不登校」対策にひそむ3つの問題点

603号 2023/6/1

「子どもを救おう」はなぜダメか 「斜めの関係」が意味するもの

602号 2023/5/15

不登校のきっかけが不幸な出来事とはかぎらない

601号 2023/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…