不登校新聞

598号 2023/3/15

わが子への接し方に悩んだら 年間300家庭のサポートをする支援者が語る2つの具体的方法

2023年03月08日 16:56 by kito-shin
2023年03月08日 16:56 by kito-shin

 「子どもとどう関わっていいのかわからない」そんな相談がもっとも多いと、不登校支援にたずさわる土橋優平さんは言います。今回は「子どもとの関わり方」について、土橋さんがフリースクールの実践などを通して意識している2つの極意を紹介します。(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第10回)※写真は土橋優平さん

* * *

 「子どもとどう関わっていいのかわからない」。そんな内容の相談がもっとも多く届きます。傷つきやすい子、親や先生の言うことにNOと言えない子、自分の考えをおもてに出さない子、「どうせ」が口癖の子、暴言暴力が日常的になっている子、外では明るくふるまい疲れきって帰ってくる子など、さまざまな気持ちの状態が性格となっておもてに出てきます。学校へ行くかどうかの前に、まずこの子とどう接したらよいのだろうか、と悩む親御さんがほとんどではないかと思います。今回はフリースクールのスタッフとして、ふだん私がどのようなことを意識して子どもたちと関わっているのかを、2つだけご紹介します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「フリースクール選びのコツは?」フリースクール代表者が語るフリースクール選びでもっとも大切にすべきこと

624号 2024/4/15

「家が楽だから学校へ行かなくなる」はまちがい フリースクール代表が解説する「休憩」の大切さとは

623号 2024/4/1

「不登校の子の保護者、5人に1人が離職」子どものために離職をするまえに考えてほしいこと

622号 2024/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…