不登校新聞

600号 2023/4/15

「見守る」ができないほどつらいときは子どもを放置して逃げてください

2023年04月24日 16:02 by kito-shin
2023年04月24日 16:02 by kito-shin

 「見守りと放置のちがいってなんでしょうか」。不登校支援にたずさわる土橋優平さんが受けた相談です。土橋さんは「見守りは子どもを信じること、放置は子どもを諦めること」と言います。しかし、放置が正解になることもあるとのこと。それはどんなときなのでしょうか。(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第12回)※写真は土橋優平さん

* * *

「見守りと放置のちがいってなんでしょうか?」。あるとき、こんなご相談を親御さんからいただきました。「ある人に相談したら『子どもを見守ってあげてください』と言われたのですが、日常に戻ったときに『これは見守り? それともただの放置?』と迷ってしまいました」と。今回は私なりの解釈をまとめてみようと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「楽しくてやってるわけじゃない」子どもがゲーム・ユーチューブに熱中する本当の理由

621号 2024/3/1

「アドバイス通りにできない」と悩む不登校の親に試してほしい2つのこと

620号 2024/2/15

「あえて言います。もう『子育て』をやめてください」親子が信頼し合うために、じつは無責任が大事な理由

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…