不登校新聞

288号(2010.4.15)

滝川市いじめ自殺 原告の母親

2013年12月20日 17:19 by kito-shin


 今回の和解勧告を受けて、友音さんの母親・松木敬子さんに執筆していただいた。

命の大切さ、学校こそ


 今回の裁判での最大の争点は、いじめによる自殺の予見可能性でした。

 その予見可能性が認められたことによって、私が知りたかった事実の中の1つが、明らかになりました。担任さえ、きちんとしていれば友音は死なずにすんだし、担任がだめだったから、友音は死を選ぶしかなかったという事実です。

 この裁判で担任のクラス運営が不適切だったことが証明されました。

 友音にとっては、担任は加害者のひとりだったということです。そんなクラスでひとり耐えて、そして耐えられなくなった友音が不憫でなりません。

 担任や学校は「いじめに気がつかなかった」という言い訳で逃げていましたが、そのような言い訳は通用しないことが今回の裁判で明らかになったと思います。

 担任がいじめを黙認、加担していることについて、「気がつかなかった」などという言い逃れが、これからはなくなってほしいと思っています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...