不登校新聞

288号(2010.4.15)

声「卒業式を回想し・・・」

2016年02月05日 17:08 by kito-shin


 不登校だった息子が中学を卒業したのは、2003年のとき。卒業に際して、「卒業式に出席する」、「時間をずらして校長室で一人卒業式」、「午後に担任が自宅に届ける」という、3つの提案が学校からありました。

 息子と相談して、卒業証書を自宅まで持ってきてもらい、私が受け取ることになりました。1年生の始めに新調した学生服が着られなくなるほど身長が伸びていたので、ズボンの裾上げをのばしたり、袖口に黒い袖を付けてみたりと、学校側の期待に応えられるかもしれないと思い、一応準備していたのですが。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...