不登校新聞

602号 2023/5/15

「せめて運動だけでも」 親が心配しても不登校の子どもが動こうとしない理由

2023年05月09日 14:46 by kito-shin
2023年05月09日 14:46 by kito-shin

 小学校から高校までの不登校期間中、自身の体力に不安を抱えていたという、木原ゆいさん。そんな木原さんは「あとからでも体力は挽回できた」と言います。木原さんが今ふり返って過去の自分と健康に思うこととは?

* * *

 小学生から高校生までの期間、ほとんど不登校だった私は運動とは縁遠い生活を送ってきた。不登校になると学校へ行かないぶん、家にいる時間が増え、おのずと体力も落ちてゆく。

 私の場合は身体が頑丈でないこともあり、小学校高学年のころには階段を上がるだけで動悸が起こり、外出するだけで腰が痛み、身体がなまりのようにしんどくて寝込むようになった。心配から親は運動させようとしたが、当時そんな気力はまるでなかった。

心労のサイン

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「40代で人生2度目のひきこもり」ひきこもり経験者が語るふたたび動き出すまでの出来事と気持ち

624号 2024/4/15

「30歳を目前に焦っていた」就活失敗を機に大学生でひきこもった私が再び動き出すまでに取り組んだこと

623号 2024/4/1

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…