不登校新聞

602号 2023/5/15

「4月から高校へ進学」 中1で不登校した娘を見守り続けた母の3年間に起きたこと

2023年05月09日 14:41 by kito-shin
2023年05月09日 14:41 by kito-shin

 親が不登校について学ぶこと、親が元気になること、人に頼ること、そして子どもを信じること。中学1年で不登校になり、現在は通信制高校に通うお子さんを持つお母さんからのメッセージを紹介します。(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第14回)※写真は不登校の子を対象にしたイベントのようす

* * *

 今回はいつもとちがい、あるお母さんの手記をご紹介します。私の法人で運営しているフリースクール「ミズタマリ」に来てくれていた子どもの母親です。その子はこの4月に通信制高校へと進みました。とくに後半のメッセージは私も同じ思いです。読者のみなさんのヒントになればと思い、引用します。

* * *

 私の娘は中学1年で不登校になりました。当初は体調不良もあったため、私もずっと家で見守りました。でも不登校して数カ月、同年代の子と生きた会話をしてほしい、そう思ってフリースクールを探しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「楽しくてやってるわけじゃない」子どもがゲーム・ユーチューブに熱中する本当の理由

621号 2024/3/1

「アドバイス通りにできない」と悩む不登校の親に試してほしい2つのこと

620号 2024/2/15

「あえて言います。もう『子育て』をやめてください」親子が信頼し合うために、じつは無責任が大事な理由

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…