不登校新聞

602号 2023/5/15

「甘やかしていると思われたくない」 不登校の息子のためにがんばり続けた母が重ねた失敗

2023年05月09日 15:47 by kito-shin
2023年05月09日 15:47 by kito-shin

 今、小学生の不登校が急増しています。10年前と比べておよそ4倍になっています。そうしたなか、今じんこさんの長男も小学校入学早々から不登校になりました。そんな今じんこさんが、親子で不登校に悩み苦しんだ3年間の実体験を、シリアスかつコミカルに描いた本が出版されました。小学生の不登校の子どもを持つ親にとって必読の1冊をご紹介します(※画像は『学校に行かない君が教えてくれたこと 親子で不登校の鎧を脱ぐまで』今じんこ 著)。

* * *

 今回ご紹介するのは、SNSを通じて家族の日常を発信している今じんこさんの初の著書です。今じんこさんの長男は小学校入学直後に不登校になります。長男の不登校をめぐり、混乱・迷走・成長・脱皮という段階を経て、親子で不登校の鎧を脱ぎ、自分たちの道を生きられるようになるまでを追った実録のコミックエッセイです。

 本書の最大の特徴は、今じんこさんが「やってしまった・失敗した」と思うエピソードをこれでもかというほど赤裸々に描いているところにあります。今じんこさんが最大のミスと考えているのは「おうち学校」を始めたとき。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「薬の使い方は?」発達障害について教師・医師・学者が解説

621号 2024/3/1

「不登校からの大学進学」4000人の卒業生を輩出した個別指導塾代表が語る不登校からの学び直しのコツ

620号 2024/2/15

「ひきこもりから最初の一歩を踏み出す」ひきこもり経験者が語る大事なこと

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…