不登校新聞

604号 2023/6/15

今欲しいのは「1人になれる時間」 小2の子どもの不登校を見つめる親の気持ち

2023年06月07日 10:32 by kito-shin
2023年06月07日 10:32 by kito-shin

 あやさんの息子さんは小学2年生で不登校。当初は「息子が学校に行けない」という事実を受けとめきれず、泣けて泣けてしょうがなかった、とあやさんは言います。息子さんの不登校経験とあやさんの思いを掲載します。(新連載「私の子が不登校になって」第1回)。なお、今号より始まる新連載「私の子が不登校になって」では、読者の方からの寄稿もお待ちしています(※写真はあやさんお気に入りのカップ)。

* * *

 小学校2年生の9月後半、息子が不登校になった。「ついに、か」というのが正直な気持ちだった。幼稚園から登園しぶりがあり、いつか不登校になるのではと思っていた。

 小学校へ入学して2週間で登校を拒否、毎日教室まで送っていた。やっと学校へ行かなくていいと安堵。それと同時に、今までやってきた送り迎えや励まし、そうしたことがすべてムダだったのかもしれないという思いもあった。覚悟はしていたが、予想以上に受けとめきれなかった。身体に力が入らず泣けて泣けてしかたなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校から2年「息子を休ませたことは絶対にまちがっていない」と語る母の覚悟

613号 2023/11/1

理解のあるフリをして、本当は「世間体を気にしていた」不登校の子を持つ母の本音とこれからの決意

612号 2023/10/15

「修学旅行の話題が出る保護者会がつらい」高校入学早々に不登校した娘の母に何度も訪れた不安と葛藤

611号 2023/10/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…