不登校新聞

375号 (2013.12.1)

声「受容か、甘やかしか」

2013年11月29日 15:13 by kito-shin


 『Fonte』のメーリングリスト内で、「受容」と「甘やかし」についてのやり取りが行なわれていました。ちょっとしたことに見えて、大事なことなんだなと思います。

 私自身の経験にもありました。まわりに誰かがいるわけでもなく、ただ子どもと親である私との関係があるだけなのに、「これって、子どもを甘やかしているんじゃないだろうか」と思う。まるで、自分のなかで何かがささやくように…。

 「甘やかし」というように、「やかし」がくっついている言葉は、手のひらのうえで相手をころがすような、非対等的なようすを表すのではないでしょうか。「冷やかし」や「脅やかし」みたいに。なかには入っていかない、外側にいる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「無理やり行かせたほうが恨むよ 」小1で不登校した息子と母の思い

556号 2021/6/15

9人家族の私たちが学校に頼らず「ホームスクール」を始めた理由

554号 2021/5/15

「このままでは死んでしまう」不登校の息子に送った9通の手紙

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...