不登校新聞

287号(2010.4.1)

声「どの子にも一律の支援を」

2013年12月03日 12:40 by kito-shin


 小学校4年生の10月から一度も登校したことのない長男が、この春、中学を卒業しました。高校には進学しませんが、これまで通り、好きな教科だけは通信教材を使って勉強を続けるそうです。小・中学生の弟二人も学校に行っていません。

 義務教育には、ひとりあたり100万円近くの税金が使われていると聞いたことがあります。「そのお金、うちの子たちにはほとんど使われていないんだなあ」とずっと思っていました。そして、このたびの高校無償化も、やはりわが家には恩恵がありません。行政でも民間でも「フリースクールやフリースペースへの支援」と、オルタナティブ教育の考え方が議論されているようですが、それが実現されたとしても、家ですごしているわが家の子どもたちはやはり恩恵をこうむることがないのです。



この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...