不登校新聞

287号(2010.4.1)

声「学校外の学びを認めて」

2013年12月03日 12:45 by kito-shin


 4月からの高校無償化について、3月5日、川端達夫文部科学大臣あてに次のような手紙を出しました。

 「私は、島根県松江市において、若者たちの居場所を運営しています。彼らは、さまざまな事情を抱えてやってきます。学校にも家庭にも居場所がなくて、仕事もできなくて、お金がなくて満足な食事が採れず、交通費もなくて遠くから自転車で通ってきます。何らかの障がいがあったり、小学校からずっと不登校だったり、なかには親から虐待を受けていた子もいます。仕事やアルバイト先でもうまく行かず、たいへん傷ついています。彼らは中学卒業後、あるいは高校を中退したのち、どこにも属していません。したがって、高校無償化の恩恵を受けることはまったくありません。逆に、特定扶養控除の廃止で、親の税負担が増えます。所得税・住民税が増え、国民健康保険料も跳ね上がります。もっと心配なのは『タダになったのに学校に行かない怠け者!』という周囲の視線です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...