不登校新聞

616号 2023/12/15

「社会に出るまでの練習に」私が1日15分から働けるカフェをつくった理由

2023年12月06日 10:27 by kito-shin
2023年12月06日 10:27 by kito-shin

 「1日15分から働けるカフェ」。そんな場所があるのをご存じですか?愛知県春日井市のカフェ「ワンぽてぃと」では、社会に向けて一歩踏み出すのがこわい、そう感じているひきこもりや不登校の若者たちに、15分から働ける場を提供しています。いつ来ても、いつ帰ってもOK、失敗してもOK。そんなカフェを、娘さんと相談しながらつくりあげたオーナー・小栗加奈さんにお話をうかがいました(※写真は小栗加奈さん(左)と娘さん(右)と、看板犬のオリバー)。

* * *

――まずは、お店の詳細について教えてください。

 「ワンぽてぃと」は店名のとおり、看板犬がいつもお店にいて、じゃがいもとさつまいもに特化した料理を出しているカフェです。特徴は、一般のスタッフのほかに、ひきこもりや不登校の若者たちを15分単位で雇用していること。

 バイト代として、中学生の場合は一度働くとスタンプ1個。スタンプが20個たまると1000円分のクオカードや図書カードに、お店のドリンクチケットなどをつけて渡しています。高校生以上であれば、愛知県の最低賃金である1027円を4で割った257円が15分の賃金になります。

今雇用しているのは、中学生が2人、高校生以上が2人。「働かせてほしい」という声はたくさんいただいているのですが、お店の規模が小さいのでこれ以上雇うことは難しくて。「無給でもよければ、このカフェを社会に出る練習の場にしてもらってもいいですよ」と言ったところ、10代~30代の方が5人~6人が来るようになりました。

さらに、「空きが出たら働かせてほしい」と、今20人以上が空き待ちをしています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校からの進路選択 全国をキャンパスに自分のよさを見つける「さとのば大学」の魅力

619号 2024/2/1

心がざわつく「朝8時」に話そう 延べ9万人が参加した不登校の親の会

615号 2023/12/1

「ボカロの曲作り、マイクラのプログラミング」その道のプロ1万6000人とともに学び体験するオンラインスクールに込めた思い

614号 2023/11/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…