不登校新聞

286号(2010.3.15)

かがり火

2013年12月04日 11:38 by nakajima_


 「3月10日は何の日」と聞いても、答えられる人が少なくなった。東京大空襲の日だ。もう65年も前になるが、あの日のことは忘れられない。

 私はまもなく4歳になる小さな女の子だった。父は兵隊になって戦争に行き、2歳下の弟と母と3人で、東京のアパートに暮らしていた。

 私の記憶は、突如あの日になる。私は、ものすごい力で右手をひっぱられていた。頭には防空頭巾がかぶせられ、宙を飛ぶように走っていた。ひっぱっているのは母だった。母は弟をおんぶしていた。反対の手には何か荷物を持っていた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...