不登校新聞

286号(2010.3.15)

かがり火

2013年12月04日 11:38 by nakajima_


 「3月10日は何の日」と聞いても、答えられる人が少なくなった。東京大空襲の日だ。もう65年も前になるが、あの日のことは忘れられない。

 私はまもなく4歳になる小さな女の子だった。父は兵隊になって戦争に行き、2歳下の弟と母と3人で、東京のアパートに暮らしていた。

 私の記憶は、突如あの日になる。私は、ものすごい力で右手をひっぱられていた。頭には防空頭巾がかぶせられ、宙を飛ぶように走っていた。ひっぱっているのは母だった。母は弟をおんぶしていた。反対の手には何か荷物を持っていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...