不登校新聞

286号(2010.3.15)

ネットカフェ条例案 利用者の本人確認、義務化へ

2013年12月04日 11:40 by nakajima_
 警視庁は2010年2月17日、インターネットカフェの利用について、営業者に利用客の本人確認を義務づけるよう定めた「インターネット端末利用営業の規制に関する条例」を都議会に提出した。成立すれば、2010年の7月から施行される。インターネットカフェの利用に関して、規制条例を設けようとする動きは全国で初めて。

 今回の条例案は、安心かつ安全にインターネットカフェを利用できる環境を保持することを目的としている。そのため、営業者に利用者の本人確認を義務づけ、施設の管理整備体制の促進を図ることで、インターネットカフェを利用したハイテク犯罪の防止にも寄与するとしている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の割合過去最高 少子化のなかで不登校13万人の意味

470号 2017/11/15

次号は衆院選特集「不登校についての政党アンケート」を発表します

467号 2017/10/1

不登校対策に来年度73億円、その使い道をご存知ですか?

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...