Q.精神医療によって苦しまされた人が多いことから、「専門家依存による弊害」という考えが市民運動から生まれました。一方、少数ですが、子ども本人や親から「専門家依存せず自分で治したい」という声を聞くようになりました。しかし、子どもや親が「病人になることへのコンプレックス」から、無理に医療から離れているようなケースもあります。「自分で治したい」という気持ちが必要な医療を逃すことにつながらないでしょうか?(編集部)

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。