不登校新聞

286号(2010.3.15)

Q&A「自分で治す」は大丈夫?

2013年12月04日 11:51 by nakajima_


Q.精神医療によって苦しまされた人が多いことから、「専門家依存による弊害」という考えが市民運動から生まれました。一方、少数ですが、子ども本人や親から「専門家依存せず自分で治したい」という声を聞くようになりました。しかし、子どもや親が「病人になることへのコンプレックス」から、無理に医療から離れているようなケースもあります。「自分で治したい」という気持ちが必要な医療を逃すことにつながらないでしょうか?(編集部)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...