不登校新聞

286号(2010.3.15)

Q&A「自分で治す」は大丈夫?

2013年12月04日 11:51 by nakajima_


Q.精神医療によって苦しまされた人が多いことから、「専門家依存による弊害」という考えが市民運動から生まれました。一方、少数ですが、子ども本人や親から「専門家依存せず自分で治したい」という声を聞くようになりました。しかし、子どもや親が「病人になることへのコンプレックス」から、無理に医療から離れているようなケースもあります。「自分で治したい」という気持ちが必要な医療を逃すことにつながらないでしょうか?(編集部)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

知らないと損する?「高認」のメリットと注意点

479号 2018/4/1

新学期目前は親も子もざわつく時期、臨床心理士が解く「子どもの葛藤」の支え方

478号 2018/3/15

不登校経験者80人の体験談から考える「卒業式」の乗り切り方

476号 2018/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...