不登校新聞

286号(2010.3.15)

Q&A「自分で治す」は大丈夫?

2013年12月04日 11:51 by nakajima_


Q.精神医療によって苦しまされた人が多いことから、「専門家依存による弊害」という考えが市民運動から生まれました。一方、少数ですが、子ども本人や親から「専門家依存せず自分で治したい」という声を聞くようになりました。しかし、子どもや親が「病人になることへのコンプレックス」から、無理に医療から離れているようなケースもあります。「自分で治したい」という気持ちが必要な医療を逃すことにつながらないでしょうか?(編集部)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

子どもを傷つける不登校対応の2大タブーとは

468号 2017/10/15

困った子? 困っている子? 親の見方で変わる子どものその後

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...