不登校新聞

286号(2010.3.15)

声「みんな、なかよく?」

2013年12月05日 11:48 by nakajima_


 娘が小学校3年生になったばかりの春。休み時間に、先生が「みんなでなかよく外で遊びましょう」と言ったそうです。娘は、なぜみんなそろってなかよくしなければならないのかわからなかった。一人で教室で本を読みたかったのに、と。

 元気いっぱい外で遊べる子もいれば、遊べない子もいる。あるいは遊びたくない子もいる。それぞれちがっていいし、そのちがいは自由な選択にもよるものだと思う。そしてときにはその選択が変わって「やっぱりみんなと遊ぼう」になったりするのでしょう。それぞれ子どもはちがいます。


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...