不登校新聞

286号(2010.3.15)

声「みんな、なかよく?」

2013年12月05日 11:48 by 匿名
2013年12月05日 11:48 by 匿名


 娘が小学校3年生になったばかりの春。休み時間に、先生が「みんなでなかよく外で遊びましょう」と言ったそうです。娘は、なぜみんなそろってなかよくしなければならないのかわからなかった。一人で教室で本を読みたかったのに、と。

 元気いっぱい外で遊べる子もいれば、遊べない子もいる。あるいは遊びたくない子もいる。それぞれちがっていいし、そのちがいは自由な選択にもよるものだと思う。そしてときにはその選択が変わって「やっぱりみんなと遊ぼう」になったりするのでしょう。それぞれ子どもはちがいます。


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「私はずっと孤独でした」不登校の悩みを共有できる味方が見つからず苦しんだ母親に訪れた転機【全文公開】

619号 2024/2/1

「生活費の不安で押しつぶされそう」2人の息子が不登校したシングルマザーが限界の日々を抜け出せた理由【全文公開】

616号 2023/12/15

「あなたの味方だよ」かつて不登校だった私が、母親として不登校のわが子に伝えたこと

616号 2023/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…