不登校新聞

286号(2010.3.15)

新ひきこもりを考える会

2013年12月04日 12:12 by nakajima_
 ひきこもりについて、考え話す集まりが、都内飯田橋で10年前から続けられている。「新ひきこもりについて考える会」だ。ひきこもりの当事者・経験者、親、関係者の三者が混在しているのがこの会の特徴。

 この集まりから「読書会」が5年ほど前に生まれた。ほぼ毎月一回、横浜に集まり、不登校やひきこもりの意味を理解すべく、多方面からアプローチしている。読んだ文章は40本を超えた。10名前後の集まりで、不登校・ひきこもりの経験者も多く、毎回熱い議論が展開されている。みずからが命を削る思いですごした体験が根底にあるので、どんな文章を素材にしていても、真っ向勝負の話し合いになっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...