不登校新聞

285号(2010.3.1)

かがり火

2013年12月04日 14:14 by 匿名


 3月は菜の花が美しい季節である。とりわけ河川敷に流れるように咲く菜の花の景色は見事である。菜の花は油菜とも呼ばれ、電灯のない時代には、種子を搾って灯火として利用された。

 司馬遼太郎の小説『菜の花の沖』には、江戸時代後期の回船業者、高田屋嘉平が主人公として登場する。嘉平の生まれた淡路島は、菜の花が大量に栽培され、そこで取れた菜の花が、対岸の兵庫で菜種油に加工するため、搾油業者に送られ、菜種油を北前船で諸国へ運んで取引をするという回船業が栄えた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...