不登校新聞

285号(2010.3.1)

市民発、子どもの貧困解決へ

2013年12月04日 14:35 by 匿名



1月31日、立教大学(東京)にてシンポジウム「つながろう!市民発子どもの貧困解決政策へ~中学・高校生を卒業クライシスから教え~」が開催された。研究者や教職員、福祉関係者など、360名以上が集った。

 今回のシンポジウムは「『なくそう! 子どもの貧困』全国ネットワーク(仮称)」の新設に向けて開催されたもの。今春の創立を見据え、第一部では子ども・若者、第二部では児童福祉司や弁護士など専門的見地から、日本の子どもたちを取り巻く貧困状況について、話が出た。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5年間で倍増した小学生不登校の背景とは

559号 2021/8/1

1686人に調査、46万字の「声」。ひきこもりの多様さを知って

558号 2021/7/15

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

554号 2021/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

559号 2021/8/1

小学生の不登校は直近5年間で倍増しています。当事者は、どんな思いで学校から...

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...