不登校新聞

285号(2010.3.1)

モンスター都教委さま裁判へようこそ!

2013年12月04日 14:47 by nakajima_


 2月6日、東京・府中市にてシンポジウム「モンスター都教委さま、裁判へようこそ~学校に言論の自由を求めて~2・6集会」が開催された。今号では、東京都教育委員会と「言論の自由」をめぐって裁判で争う土肥信雄さん(東京都立三鷹高校・元校長)のお話を掲載する

 私は教育の現場において「言論の自由」がなくなること、このことがもっともおそろしいことだと考えています。しかし近年、残念なことに東京都教育委員会(以下、都教委)は、自分たちのことしか認めない、自分たちへの批判はそのいっさいを許さないと言わんばかりの、非常に厳しく強硬な姿勢で学校教育の改革を進めてきました。

 そうしたなかで2006年4月、都教委は「学校経営の適正化について」という通知を出しました。通知には「職員会議において、教職員の意向を聞く挙手・採決の禁止」という内容が盛り込まれました。

  過去において、学校運営に関する事柄の多くは教職員による職員会議によって決定され、実施されてきました。しかし98年、東京都は「東京都立学校の管理運 営に関する規則」を改定し、職員会議を「校長が校務に関する決定などを行なうにあたって、所属職員などの意見を聞く場」、ようするに校長の「補助機関」と して位置づけました。それにより、学校運営に関する事柄は、最終的にはすべて校長が決定することになりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...