不登校新聞

285号(2010.3.1)

ひといき

2013年12月04日 14:50 by nakajima_


 約3年前から新聞社でアルバイトをさせてもらっていたのですが、3月末で新聞社を辞めることになりました。

 私はこれまでアルバイトをしたことがほとんどありませんでした。「働くこと=つらいこと」というマイナスのイメージしかなく、「アルバイトなんてできるのだろうか」と不安に思っていました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき 小熊広宣・山下耕平

243号(2008.6.1)

コラム「学校に行くか死ぬか、以外の道」 小熊広宣

緊急号外(無料)

ひといき 堂満由美・多田耕史

251号(2008.10.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...