不登校新聞

284号(2010.2.15)

声「担任らの証言に怒」

2013年12月06日 13:05 by kito-shin


 2005年、北海道滝川市の小学校にて、当時小学校6年生だった松木友音さんが9月9日、教室で自殺を図り、翌年の1月6日に亡くなりました。この事件は、教育委員会の「遺書隠し」も相まってたいへん注目を集めました。友音さんのご遺族は滝川市と北海道を相手取り提訴しています。

 そして、1月8日の公判にて証人尋問が実現しました。証人に呼ばれたのは、友音さんの元担任と当時の滝川市教育長。しかし、ホントにひどかった!

 滝川市は、ほかのいじめ裁判の例とちがい、学校と教育委員会が「いじめが原因で友音さんが自殺に追い込まれた」という趣旨の報告書をつくっています。しかも、「遺書隠し」発覚後、マスコミの前では両親に対して「申し訳ない」と謝罪しています。

 しかし、なんと! 担任も元教育委員長も「いじめ自殺」を認めた報告書を否定。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...