最近、私は拒食症傾向なのだが、春になったらヒヨコを買って、育ててシメてさばいて食べようと思っている。いま、私たちはふつうに食事をしている。しかし、そのほとんどは生き物が解体された切り身だ。その生き物の生涯を、死に際を考えない。牛や豚を育て、殺し、食べるのはふつうの家なら不可能だ。でもニワトリなら育てることができる。それを食べるか、ムリだと判断するか、考えることができる。「考えて選択」することができる。食事をするということはすでに「選択」することだけど、その前に無視していることが多すぎないか、と最近思う。なので、自分でやれることからやろうと思う。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。