不登校新聞

282号(2010.1.15)

書評『ヒナタ文学4』

2013年12月11日 14:36 by 匿名
2013年12月11日 14:36 by 匿名


 私は、広島県の大崎上島で、島の詩人として活動しています。大崎上島でのおもな活動は、私が自費で制作している文学冊子の発刊です。現在、シリーズ4まで発刊しました。私一人で、作品づくり、編集、構成、取材などをしています。文学と言っても、誰でもが楽しく読めるように構成しています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…