不登校新聞

282号(2010.1.15)

書評『わが子が不登校で教えてくれたこと』

2013年12月11日 14:38 by 匿名
2013年12月11日 14:38 by 匿名


 2005年に出た同名の書物の改訂版です。改訂版が出てくるだけのことはあります。視野が広いのです。不登校のお子さんを持つ方たちにまず読んでいただきたい本の一冊です。筆者のお嬢さんが学校に行けなくなったときのふつうの親としての慌てぶり。その後、自分や家庭の在り方まで問い直したこと。二人のお嬢さんが、不登校を経由して社会に出て行く経過など、親の立場としてくぐり抜けた人でないとわからないことを正直に公開して、不登校に直面している人たちを励ましています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…