不登校新聞

281号(2010.1.1)

00年代と「発達」という病 浜田寿美男さん

2013年12月11日 16:09 by nakajima_


 人の出発点は、みな一個の受精卵である。そこからはじまって、母の胎内で育ち、未熟な新生児としてこの世に生み出され、さらに20年ほどの年月を経て、次の世代を生み出していける身体になって、ようやく生き物として一応の完成に達する。この過程を「発達」というのなら、それはまさに人の成り立ちとして不可欠のものであり、これを抜きには人間の問題を論じられない。その意味で心理学において「発達」の研究が大きな位置を占めるのは当然であるし、だからこそ私も長い間この世界と付き合ってきた。しかし、近ごろの「発達」ばやりには、私自身、へきえきしていて、およそついていけない気分でいる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...