不登校新聞

281号(2010.1.1)

00年代とひきこもり 芹沢俊介さん

2013年12月11日 16:11 by nakajima_


 「社会的ひきこもり」論から「存在論的ひきこもり」論への転換がこの問題に関して私が自分に課した緊急のテーマになっている。

 このような転換が必要と考える最大の理由は、「社会的ひきこもり」論が否定を核にしているということにある。肯定を核にした「存在論的ひきこもり」論を始めるためには、それゆえ「社会的ひきこもり」論を核において成立させている否定性とそれがもたらした事態を明らかにし、「社会的ひきこもり」概念、「社会的ひきこもり」像を実態に即して解体することが不可欠となるのある。

 あらゆる「社会的ひきこもり」概念(たとえば斎藤環1999)は、引きこもるという状態像を否定すべき事態と捉えるところから出発している。否定的な姿勢は必然的に、そうした否定的状態像は改善されなければならないという姿勢へと強化される。引きこもるという状態像を改善すべき対象とみなす姿勢は、次にどうすれば改善できるか、という具体的な課題を離陸させる。さらにそこから、誰がその改善の役割を担うのかという問いが自動的に紡ぎ出されていく。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...