不登校新聞

281号(2010.1.1)

00年代と若者の労働 生田武志さん

2013年12月11日 16:14 by nakajima_


 2001年ごろ、日本の野宿問題は一つのピークに来た。98年の不況以来増え続けた野宿者がこの時期、全国で約3万人に達したのだ。野宿、貧困への対策は、この時期以降「ホームレス自立支援法」の制定など大きな転換を始める。そして、このころから「ニート」や「ひきこもり」という貧困にも関わる若者層の問題が大きく浮上した。さらにその後、「ワーキングプア」「日雇い派遣」「ネットカフェ難民」「派遣切り」「子どもの貧困」などがそれこそ半年交替のように次々と浮上し始めた。日本の風景は一変したかのようだ。

 最近、僕がいる野宿者ネットワークには、20~30歳の若い人から「今日から寝る場所がない」「なんとかならないか」という相談が来る。その人たちは、たとえば「私の母親は母子家庭で、私のほかに子どもが4人いて生活保護を受けています」「私の母は再婚しましたが、私と義理の父親との関係がとても悪くて、帰れません」などの背景を抱えている。つまり、親を頼ることのできない若者たちが続々と野宿になっている状態だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...