不登校新聞

281号(2010.1.1)

00年代と少年事件 吉岡忍さん

2013年12月11日 16:36 by nakajima_


 少年事件の容疑者が逮捕されると、とっさに19歳だった私自身を思い出す。薄暗い部屋で写真を撮られ、10本の指すべての指紋を採取され、下着1枚になって身長や体重を測られたあと、机ひとつの取調室で、ごつい体格の無愛想な刑事と向き合った。

 私の場合は逮捕理由が政治的なものだったから、完全黙秘すると決めていた。私はありったけの友人知人の顔を思い出し、頭のなかで一人ひとりとおしゃべりした。ガールフレンド、デモや集会をいっしょにやった友人、私が脱走を助けた米兵もいた。私は取調官に何を聞かれても答えず、彼らとの無言の対話に夢中になった。それだけに熱中した。

 2000年代最初の10年、世の中を驚かせ、暗い気分にさせた少年や若者の犯罪は少なくなかった。17歳の少年が高速バスを乗っ取った事件(佐賀県/00年)、15歳少年が隣家の6人を殺傷した事件(大分県/00年)から始まって、小6女子児童がカッターナイフで同級生の女の子を殺害した事件(長崎県/04年)、16歳の少年が自宅に放火し、母親と弟妹を焼死させた事件(奈良県/06年)、さらには25歳の派遣労働者が秋葉原の路上で起こした無差別殺傷事件(08年/東京都)まで、私たちの記憶の層には凄惨な犯罪の影が道標のように打ち込まれている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...