不登校新聞

376号 (2013.12.15)

かがり火 多田元

2013年12月13日 15:51 by kito-shin
2013年12月13日 15:51 by kito-shin


 南アフリカで人種差別(アパルトヘイト・人種隔離)と闘った元南アフリカ共和国大統領のネルソン・マンデラさんが12月5日、95歳で亡くなった。南アフリカで白人以外で初めて弁護士として法律事務所をヨハネスブルグに開いた。アパルトヘイトは、白人の支配下で白人以外の人種を差別して隔離するものだ。

 マンデラさんはアパルトヘイトという強固な人種差別と闘うため、先頭に立ち、権力者に捕えられ、27年間刑務所にとじこめられた。しかし、人々が反アパルトヘイトに立ち上がり、アパルトヘイト廃止が実現。マンデラさんは釈放され、大統領に選ばれた。それは民主化の象徴と言える。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…