不登校新聞

376号 (2013.12.15)

親の手記 本音と葛藤した10年

2013年12月13日 15:59 by kito-shin
2013年12月13日 15:59 by kito-shin


 現在21才の息子が小4のときに行きしぶりが始まり、小6の6月から本格的に不登校になりました。どうにかして行かせようと、あの手この手を尽くし、挙句のはてには、お金を渡そうとしても動かなかったとき、たいへんなことになったと、やっと気づきました。専門書、相談機関、セミナー、親の会などなど。そうこうしているうちに、そこから抜け出すためのいくつかの「親にできること」が見えてきました。しかし、そこからが、私の本音「学校に行ってほしい」と頭で理解したことを実践させること、との戦いの始まりでした。

やっぱり学校へ行ってほしい


 「親にできること」を少しやってみると、子どもの言動に変化が起きはじめましたが、しばらくすると私の本音や不安が、いろいろな言葉が出てきて後戻り。「やっぱり行ってほしいんじゃん!」と息子、二歩進んでは四歩下がる感じでした。

 そんなとき、高尾山に誘うと、それほど抵抗ないようすで着いて来て、途中、会話も弾み、連れて来てよかったと思ったのも束の間、新緑の沢を下っているときに「僕ここに来たからって学校には行かないよ」と一言、私はガックリと落ち込みました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…