不登校新聞

376号 (2013.12.15)

ペスタロッチー教育賞 奥地氏受賞

2013年12月13日 16:10 by kito-shin


 東京シューレ代表理事であり、本紙代表理事の奥地圭子氏が第22回ペスタロッチー教育賞を受賞した。

 ペスタロッチー教育賞は1992年に広島大学大学院教育学研究科が創設した賞。教育実践家・ペスタロッチーの精神に通じた教育実践を行なう個人あるいは団体を毎年1人、表彰している。過去には映画監督・山田洋次氏、ユニセフ親善大使・黒柳徹子氏、日本最初の肢体不自由児養護施設の設立者・宮城まり子氏らが受賞。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育基本法改正案に緊急メッセージ

194号(2006.5.15)

初申請から10数年、やっと神戸のフリースクールに通学定期認可

194号(2006.5.15)

「失敗をできる職場に」ブードンがひきこもりを積極採用する理由

194号(2006.5.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...