不登校新聞

376号 (2013.12.15)

読者オフ会in福岡 大事なのは共感

2013年12月13日 16:53 by kito-shin

講演するひきこもり名人の勝山実さん

 12月7日、「Fonte読者オフ会」を福岡にて開催し、本紙読者ら16名が参加した。ひきこもり当事者の勝山実さんが、自身の経験を踏まえつつ、ひきこもりについて語った。

 勝山さんは厳しい両親のもとで育ち、学歴価値を押しつけられることに違和感を持ち続けていた。学歴とは異なる価値を見出そうと、Webのデザインをしたり、小説家を目指すなどしたが、どれもうまくいかなかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...