不登校新聞

376号 (2013.12.15)

読者オフ会in福岡 大事なのは共感

2013年12月13日 16:53 by kito-shin
2013年12月13日 16:53 by kito-shin

講演するひきこもり名人の勝山実さん

 12月7日、「Fonte読者オフ会」を福岡にて開催し、本紙読者ら16名が参加した。ひきこもり当事者の勝山実さんが、自身の経験を踏まえつつ、ひきこもりについて語った。

 勝山さんは厳しい両親のもとで育ち、学歴価値を押しつけられることに違和感を持ち続けていた。学歴とは異なる価値を見出そうと、Webのデザインをしたり、小説家を目指すなどしたが、どれもうまくいかなかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…